あなたはドッグフードジプシーになっていませんか?

ドッグフードジプシーとは、愛犬のドッグフード選びが上手くいかなくて、長い期間にわたってドッグフードを探し求めている方々のことを指します。

自宅で飼っているワンちゃんの好き嫌いがあり、与えたドッグフードを食べてくれなかったり、たとえ食べたとしてもどこかのタイミングで食べてくれなくなることが原因となります。

愛犬がドッグフードを食べなくなる度に他のドッグフードを探し回らなくてはいけません・・・(汗)

犬

 

ドッグフードジプシーになる原因

ドッグフードジプシーになる要因としては、飼い主であるあなたに大きな問題があるケースが多いです。

愛犬のことが可愛いと思う感情が強すぎて、愛犬を甘やかしているのではないでしょうか?

例えば、ドッグフードを全部食べないときに、別におやつなどを与えている場合は要注意です。

ワンちゃん側からすると、「ドッグフードを食べなければもっと美味しいものが貰える!」と学習するので、余計に食べてくれなくなります。

 

ドッグフードジプシーから脱出する方法

ドッグフードジプシーから脱出するためには、できる限り同じドッグフードを与え続けるようにして下さい。

たとえ愛犬がドッグフードを残したり、全然食べてくれない場合でも他の食べ物を与えないようにしましょう。

ワンちゃんのお腹がすくのは可愛そうに感じますが、水分さえしっかりと摂取していれば、1日くらい何も食べなくても大丈夫です。

お腹がすいた状態で食べ残したドッグフードを与えると、全部食べてくれることが多いです。

しかし、いつも食べているドッグフードを突然食べなくなった場合は、体調に異変が起こっているケースも考えられます。

その場合はワンちゃんの様子を観察してあげて下さい。

例えば、下痢をしたり元気がない場合などは少し様子を見て、それでも体調が戻らない場合は獣医師さんに診察してもらうようにしましょう。

 

ローテーションで複数のドッグフードを与える

定期的にドッグフードを食べてくれなくなる場合は、1つのドッグフードだけなく、2~3種類のドッグフードをローテーションで与えることも有効な方法です。

1~3週間毎にドッグフードを替えることで、飽きずに全部食べてくれるケースが多いです。

また、複数のドッグフードを与えることで栄養が偏ることもないので健康に良く、さらにはアレルギーにもなりにくくなるメリットがあります。

実際に同じフードを食べ続けていると、特定の食べ物に対して敏感になり、アレルギーや過敏症を発生しやすくなります。

さらにローテーションでフードを与えることによって、好き嫌いをなくす効果も期待できます。

同じフードばかり食べていると特定の味に慣れてしまい、新しい食べ物を警戒して食べてくれないケースもあります。

さまざまな種類や味のフードを与えてあげることで、ワンちゃんの好奇心や嗜好を広げることができます。

その結果、どんな味のドッグフードでも好き嫌いせずに食べてくれるワンちゃんになってくれます。

 

賢いドッグフード選び

世の中にはさまざまなドッグフードが販売されていますが、それぞれの商品には特徴があります。

毎日食べさせるフードなので、出来れば健康に良いものを与えたいですよね?

そこであなたのワンちゃんにおすすめしたいのが無添加ドッグフードです。

文字通り、添加物が使用されていないドッグフードのことです。

添加物はフードに色づけや香りづけをしたり、酸化を防いだりするために使用されています。

その一方で発がん性やアレルギーを発症する恐れがある成分が多いため、健康を害する危険性があります。

 

無添加ドッグフードを与えてみよう

無添加ドッグフードなら、健康に害を及ぼす添加物が含まれていないので、安心して愛犬に与えることができます。

当サイトでは無添加ドッグフードを中心に、さまざまなドッグフードをピックアップして、それぞれの特徴を解説しています。

どのドッグフードを愛犬に与えればよいのか迷っているのであれば、ぜひ当サイトに掲載している記事を参考にして下さい。

あなたもドッグフードジプシーから卒業しましょう。