銀行カードローン

急な予定が入ったりした時に頼りになるのがカードローンです。財布の中にカードローンが一枚入っていれば、給料日前などでお金が少ない時でも安心できます。

カードローンとしてイメージするのはプロミスやモビット、アイフルなどの消費者金融だと思いますが、実は銀行でもカードローンが用意されているのです。

銀行カードローンと消費者金融カードローンの違いはあるのでしょうか?まずは銀行カードローンの特徴に関して詳しく見ていきましょう。

金利が低い

一般的には銀行カードローンの方が消費者金融カードローンよりも金利が低いと言われていますが、実際にはどうなのでしょうか?

代表的な銀行カードローンと消費者金融カードローンを比較してみましょう。

銀行カードローンの金利は下記のようになっています。

三井住友銀行カードローン:年4.0%~14.5%

三菱東京UFJ銀行カードローン:年1.8%~14.6%

東京スター銀行カードローン:年4.5%~14.6%

一方で消費者金融カードローンの金利は下記のとおりです。

モビット:年3.0%~18.0%

プロミス:年4.5%~17.8%

アイフル:年4.5%~18.0%

上記で紹介してる金利を比較してみると、思っているほど数値に差はないです。

しかし、良く数値を比較すると違いが見えてきます。下限金利はどちらもそれほど違いはありませんが、上限金利は少し開きがあります。

銀行カードローンは年14%台となっていますが、消費者金融カードローンは年17%~18%台となっています。

カードローンを新規で申し込んだ場合、大半の利用者は一番高い上限金利で設定されるケースが多いです。

そのため、銀行カードローンの方が金利が低いと言われているのですね。

総量規制対象外

銀行カードローンのもう一つの特徴としては総量規制対象外となっている点です。

簡単に説明すると、総量規制とは借入上限を年収の3分の1に制限される貸金業法におけるルールのことです。

例えばあなたの年収が300万円だったとすると、お金を借りられるのは100万円までとなります。

この総量規制は消費者金融やクレジットカードで適用されるルールです。

しかし、銀行には貸金業法ではなく銀行法が適用されることになっています。そのため、銀行カードローンでは総量規制の対象外となっているのです。

所得証明の提出不要な商品が多い

実際にはカードローンで何百万円も借りる方はほとんどいませんが、総量規制の対象外となっていることで申し込み手続きが簡単になるというメリットもあります。

それは申込時の所得証明書の提出の有無です。

消費者金融カードローンの場合は年収の3分の1までしか借入をすることができないので、申込時に所得証明書を提出しなければいけません。

中には所得証明書の提出が不要な消費者金融もありますが、申し込み金額が50万円以内などの場合などで制限されます。

一方で銀行カードローンの場合は申し込み金額が200万円、あるいは300万円までなら所得証明の提出が不要となっている商品が多いです。

所得証明書を準備する必要がないので、本人確認資料のみで手続きができるというメリットがあります。

まとめ

このように、銀行カードローンは消費者金融カードローンよりも金利が低くて、総量規制の対象外で所得証明書の提出不要で手続きができる商品も多いです。

もし、あなたがカードローンの利用を検討しているのであれば、銀行カードローンがおすすめです。

メガバンクだけでなく地方銀行からもカードローンが用意されています。あなたが日頃から利用している銀行のカードローンも存在します。

『人生ブラボー!お金を借りるなら銀行カードローンが便利です』では数ある銀行カードローンの中でも利用しやすい商品を厳選してい紹介します。

銀行カードローンを探しているのであれば参考にして頂ければ幸いです。